企業カウンセリング、経営者の事務サポーターのオフィスりん

ホーム > 趣味のお話 > 介護の現場は女性の現場

介護の現場は女性の現場

BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場」に、在宅介護が取り上げられていました。

秩父市の上吉田地区で、地域医療を支えている上吉田医院の先生。その先生が往診をされている二つのご家族が紹介されました。
私のクライアント企業でパートタイマーとして働いている女性と、その寝たきりになった母親が映っていました。
その女性は普段と変わらずににこやかで、他の皆さんも笑顔でした。
在宅介護をなさっているどちらのご家族の様子は嘘ではないと思います。
ただ、短い放映時間のなかに、写しきれない現実はあると思います。
気丈にふるまい、私のクライアント企業のほかにも仕事を掛け持ちながら、生計をたてていることなども。

仕事と家族、自分の時間と公共の時間と家族のための時間。
バランス良く暮らす知恵と技術が、ことさらに必要になってきたと痛感しています。