企業カウンセリング、経営者の事務サポーターのオフィスりん

ホーム > 趣味のお話 > ここだけの書評

ここだけの書評

 そこそこ売れている、のかどうかは定かでないのですが・・・。少なくとも、私のまわりの人々は読んでいない。それが、土屋賢二の著作です。この著者、「貧弱、病弱、意思薄弱」という女子大に勤務する哲学の教授。うだうだと意志薄弱な文章が並んでいるだけなのに、なんとなく癖になる、というか中毒になります。はっきり言って何の役にも立たないので、最初は、読み始めた自分に腹がたつのだけれど、毒が効いてくると、そこはかとない真実が見えてくるような気がしてきます。特別な価値を求めず、ちょっと疲れたときにでも読んでいただければ、とご紹介しました。もちろん何冊も文庫化されています。あっ、内容はほとんど全部同じようなものだと思いますので、どれでも本屋さんで売れ残っているものをお求めください。